IMGP6529.JPG
[撮影データ] 2009/12/05 沖縄県道230号池間大浦線「池間大橋」(沖縄県宮古島市)
12/4~6に沖縄本島と宮古島へ行って来ました。あの暖かさが恋しいな~

*ist DS 18mm F/8 1/500秒 ISO-200

いやぁ~、またまたお久しぶりです。
昨年春に就職してから激務...というわけではなかったのですが、しばらく熱が冷めた状態でした。

当初、【道路】をメインコンテンツとしてスタートしたものの、最近はYoutubeやニコニコなどで道路の走行動画を見られるようになり役割を終えた感があります。
今後は【索道】を主に更新していこうかな~と考えておりまして、リハビリがてらガーラ湯沢スキー場のページをアップしました。

 

IMGP8743.JPG
[撮影データ] 2008/10/13 JR指宿枕崎線 西大山駅(JR日本最南端の駅)
ちなみに写真に写っているリュックサックは私のものではありません。

*ist DS 18mm F/8 1/750秒 ISO-200

本当にお久しぶりです。
年明けから年度末にかけて卒論や引越などいろいろと忙しく、更新が滞ってしまいました。

素材はいろいろと溜まってるので、ちょくちょく更新していきたいものです。
引き続き本サイトをよろしくお願い申し上げます。

20080106_IMGP2231.jpg

2008/01/06 JR只見線 普通列車小出行(キハ40系) 只見駅にて

会津若松から小出へ向かう途中、只見で小休止。寒々とした夕暮れでした。

*ist DS 55mm F/8 1/45秒 ISO-400

昨日は埼玉県民の日。帰省がてら記念フリーきっぷが発売されている秩父鉄道へ出かけてきました。横浜を9時過ぎに出たのでSLは上りの熊谷行を主に狙うことになったのですが、絶好の秋日和だっただけに逆光が辛かったです。行程は、池袋→特急ちちぶ→西武秩父...御花畑→三峰口...白久→波久礼→浦山口→三峰口→急行秩父路→羽生。

急行秩父路の車内は元レッドアローのリクライニングシートがボックス状に配置されています(車体幅の関係で回転は無理だそうな。ただ車端部と中央の扉を潰した部分は異様な広さ)。たった200円(しかも急行券は硬券!)で快適な時間を過ごせるのでかなりオススメ。平日はほぼ満席になるくらい通勤客の需要があるようでした。

20071115_IMGP1525.jpg

2007/11/14 秩父鉄道 SLパレオエクスプレス 埼玉県秩父市、三峰口駅~白久駅間にて

三峰口駅から歩いて5分強、白久駅まで歩いて10分弱の小さな踏切脇から撮影。先客が1人いらっしゃいました。

*ist DS 50mm F/8 1/180秒 ISO-200

PB076987_1.JPG

11月14日(水)は埼玉県民の日。今年も恒例の記念フリー乗車券が発売されるそうです。曳舟駅にあったこのポスターによれば以下の通り。

西武鉄道 大人460円 こども230円
東武鉄道 大人460円 こども230円
秩父鉄道 大人1,000円 こども500円
埼玉新都市交通 大人400円 こども200円
埼玉高速鉄道 大人450円 学生350円 こども230円
*JRのフリー乗車券の発売はなし。

 

曳舟9:48の急行久喜行を待っていたら「半蔵門線内ラッシュの影響により」5分遅れてやってきました。いつもは曳舟で各駅停車との接続をしているのですが、今日は各停を先発させて鐘ヶ淵退避に変更。この遅れがはるか群馬県内まで波及していて太田に6分遅れで着きました。半蔵門線内のラッシュが今日は特に激しかったということでしょうか。

ttp://www.ebank.co.jp/kojin/news/important/information_197.html

イーバンクから10月31日付けでATMの利用手数料が変更される旨のプレスがありました。

僕が持っているのは普通のキャッシュカードなので現在はセブン銀行ATMでは入金・出金とも、ゆうちょ銀行ATMでは入金のみATMが何度でも手数料無料で利用できるのですが、12月1日からは両行での利用分あわせて入金もしくは出金の1回だけが無料になり超過分は1件につき210円徴収されるということです。

イーバンク同士での振込が無料だったり、ATMを無料で使えたりすることに魅力を感じて利用してきたものの、月1回しか無料でATMを使えないのは不便ですね。ネット銀行最大のシェアを確立したので収益力強化を目指す...のでしょうが、顧客の流出も想定の範囲内なのでしょうか。

今日は群馬県民の日。大人1,100円で県内のJR線普通列車が一日乗り放題になる「ぐんまフリーパス」を使って吾妻線と上越線へ出かけてきました。先週は野反湖あたりが見ごろだった紅葉前線もずいぶん麓へ降りてきて吾妻渓谷も綺麗に色づいています。さて、今回の写真は川原湯温泉駅近くの遊歩道から狙ったもの。この景色があと少しで失われようとしているのは寂しいことです。